メインイメージ画像

業務中の職探しは厳禁


休みが少ない社会人にとって、最も多い問題は、転職先を見つける暇がないという事です。今の企業にいながら、転職活動をしている人も少なくないはずです。退社してから、直ちに再就職したい場合は、おおかた職探しに半年以上は必要になる事が多いようです。仕事が終わった後や土日に、ちょこちょこ次の仕事を見つける必要があります。今の仕事があるので、インターネットや新聞等での仕事探しが特に多くなりますが、絶対に、業務中にネット検索をしたり、求人情報誌を読んだりはしてはいけません。人によっては、一年くらい前から転職の考えを持っているようです。

多忙な中でも、少しずつ転職に向けての調査をするとよいみたいです。

ウェブで求人検索する時、年齢で調べる事も可能です。その他にも、年齢不問の仕事も募集があるので、こちらの方も探してみるといいです。年齢制限は、仕事によっては多少の差なら問題ないこともあるみたいです。年を取るにつれて、求人の数は減少します。

30代以上になると、職業の種類の幅は狭くなります。逆に、年齢が上がるにつれて、転職先でのポジションは選択の幅は増えるようです。若いうちの転職だと、企業で、平社員と変わらない待遇だったのが、30代以上で転職すると、課長クラスの給料になるでしょう。30歳以下で転職を目指す人は、異職種に挑戦、30代以上で転職を考える人は、会社で役職アップをすることを考慮して探すと良いでしょう。

更新情報